読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3日後に書くブログ

映画を観た約3日後に感想を書きます。あとは好きな俳優への愛の吐露

『ラ・ラ・ランド』を観て3時間後に思うこと/愚かな夢追い人でありたい

2017 映画感想 劇場鑑賞

『ラ・ラ・ランド』(原題:La La Land)観ました。この熱をなんとしても記録しておきたくて、取り急ぎ感想を書きます。2月24日(金)TOHOシネマズ梅田スクリーン1で鑑賞です。

 

 

以下映画の内容に触れるためネタバレしています。ご注意ください。 

 

映画館でこんなに涙したことがあっただろうか?というくらい、泣いて泣いて泣いてしまいました。

オープニングで涙が溢れてきて(タイトル出た時点でほんとはスタンディングオベーションしたかった)(基本的に大人数が歌ったり踊ったりしているとそれだけで号泣してしまう)、パーティ行くまでで泣いて、パーティで泣いて、朝焼けのダンスで泣いて、映画館に走る姿に泣いて、グリフィス天文台で泣いて、夏で笑って、
「さらばポールダーシティ」で泣いて、実家で泣いて、オーディションで泣いて、オーディション後も泣いて、そしてジャズバーで泣いて、泣いて、泣いて、泣いて…

エンドロールもミアの歌声に震えが止まりませんでした。
これはもしかしたらセブにとっての救いであり呪いになってしまうのかなって、あの部屋でふたりで歌った思い出を抱きしめながらこの先きっと交わることなく生きていくふたりのことを思うと、どうしようもなくてただただ涙を流すしかなかった。


この映画にはたくさんの "if" が散りばめられていて、もしあのときああしたら、しなかったら、そういうことをいくつも考えてしまうけれど、たくさんの "if" の中には必然的なものが絶対にあって、そういうものを掴みに行くのが夢を叶えるってことなんだなと強く思いました。

最も印象的な台詞のひとつが、オーディション後のふたりの会話で、ミアは "if I get this job," と口にするけれど、セブは頑なに "when you get this job,"と言う。

たくさんの "if" の中の必然的なものが今このときだということを、セブはミア本人よりもわかっていて、背中を押す手は優しいけれど引き返すことを許してはくれない。「君は絶対にこの仕事にすべてを持って打ち込まなければいけないんだ」と伝えることは、本当に優しくて、力強くて、同時に残酷でもあると思いました。

でも夢を追うというのはリスクを取りに行くということだから、

夢を追う人はきらきらしていて、きらきらのためには払わなくちゃいけない犠牲や手放さなくてはいけないものがいくつか(いくつも)あって、そういうものやタイミングを見極めてチャンスをものにしていくことが夢を叶える上で必須なのだと思う。セブはあのタイミングでミアの背中を押すと同時に、きっと自分の夢のために再始動している。愛していると伝えあったふたりの夢がふたりで居続けることではないことをふたりとも自覚しているのです。もちろんふたりの出会いも必然のひとつで、出会うべきところで出会っている、だからこそ別れるべきところで手を放す。

 

チャゼル監督はパンフレットで「人は人生において、自分を変えてくれて、なりたい人物になれる道筋を作ってくれる人と出会えるけれど、最終的にはその道をひとりで歩まなければならないということだ」という話をしています。

結局、人はひとりではないけれどひとりだから、だからこそ自分の人生が自分のものになるのだと思う。自分の夢を自分の未来にできるのは他でもない自分であって、誰かに頼ったり期待するものじゃない。自分の人生を誰かに奪われないためには、自分の夢の実現に向けて自分の足で歩いていかなくてはいけないのだと改めて思わされました。自分に自分の夢をもたらせるのは自分しかいないから、自分で進むしかないから、だからこそ自分の夢と未来は自分のものなのだ。

 

他の印象的な台詞と言えば、実家に迎えに来たセブとの口論のシーンで、「君は赤ちゃんだ」というセブに対してミアが言い返す「夢を変えてあなたは大人になったわね」です。夢を変える、つまり真の夢を諦めることは大人になることなのだろうか。大人になることは夢を諦めること??

オーディションでミアが歌ったおばさんの言葉、"A bit of madness is key to give us new colors to see"「少しの狂気が新しい夢を見せる」というのもすごく印象的でした。

夢を追いかけるには愚か者に、狂人にならないといけないのかもしれない。夢を追いかけて叶えてみせるにはそのくらいのエネルギーが必要なのだ。理性を持って直感に従い、多大なエネルギーを持ってチャンスに突っ込んでいくこと。そういう、そういうことが大事なんだな、って。そう。

 

わたしはまだ大人になることを選べないから。夢を追いかけていたいから。こういうことは肝に銘じていきたいのです。いつか夢を諦めたときにこの映画を観て流す涙はきっとしょぱすぎる、そういうことじゃない、わたしはいまこの映画を観たから、いっぱい示してくれていっぱい受け取ったから、這って狂ってでも追いかけなければいけない、そういう夢がある、いまこの映画に出会えたことも必然なんだって、そう思いたい。


こんなに心を動かされるなんて、やっぱり映画はすごいなあと改めて思います。映画の持つ力のこと、これからも信じていきたい。諦めたくない。叶える。

 

ここからは小ネタです。素敵な映画をどうもありがとう。

・ガールズのルームシェア混ぜてほしい

・わたしもピンヒール欲しい

・ミアのお洋服全部真似っこしたい!

・ごずりんはほんとにネイビーとベージュのスーツが似合う

・ショルキー持ってるときはださすぎて笑った

・クリスマスの夜、セブがJ・K・シモンズ演じるオーナーに呼ばれたとき、「ファッキンテンポ!」って怒られないかどきどきした
・What a wasted lovely night のセブソロ、”night”の歌い方ちょうかっこいい
・ミアが失敗してしまった劇場の前の道、劇場に対して緩やかな谷の坂道で、ここが谷の底だなって、これから上がっていくよって

・ありえたかもしれない現在のことを考えるのは死ぬ時で十分なんだとおもう

・ふたりだってまだ夢の途中かもしれない